この最悪な日々を超えても

いつでも、最悪の事態を想像すべきだ。

多少のかすり傷はついても、こうしとけば死にはしないな。
という対策だけはしなくては。

一挙手一投足に、神経を向けるのだ。